時代を超えた遊び体験を生み出すダイワの木のおもちゃ

木のおもちゃの手の改良はその下に徹底して理解されています。
筋力の向上:木のおもちゃを握って動かすことで、お子様の手の力を養います。 木のおもちゃはしっかりと握る必要があり、手の筋肉を使う必要があります。 お子様がおもちゃを押すと、指と手首の筋肉が強化され、保持力がさらに発達します。

正確さの開発を練習する:木のおもちゃは、お子様の正確な手の開発をリハーサルするのに役立ちます。 たとえば、幼児は細かい指の発達を利用して、小さな部品を取り付けたり集めたりします。 これにより、お子様の指の適性と正確さがさらに発達し、手の発達を制御する能力が養われます。

シンプルな持ちやすさプラン: 木のおもちゃは、子供たちが簡単にハンドルを取得できるように設計されています。 お子様の手の大きさに合わせて形状や大きさを変えることで、握りやすくなりました。 同様に ままごとセット、滑りにくい素材と調整された形状が含まれており、お子様がおもちゃをしっかりと掴むことができます。

手先の器用さを育む:木のおもちゃをコントロールすることで、お子様の器用さを育みます。 幼児は、おもちゃを操作して制御しながら、手の発達と視覚データを促進する必要があります。 おもちゃを追いかけたり、目標に集中したりすると、器用さがさらに発達します。
手で触れることができるイベント:木のおもちゃは通常の素材であり、お子様の手に素晴らしい雰囲気を与えます。 木のおもちゃの滑らかな表面と暖かさは、触れたり握ったりすることで、お子様の手の能力を活性化します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *